watashinoモリンガラテ_バナー

「手軽であるという理由で、つい炭水化物に偏った食事となってしまう」

「毎日の献立に栄養をプラスしたいけれど、品数を増やすことが難しい」


上記のような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

仕事や家事、育児などで忙しく過ごす中、栄養バランスを考えた食生活を続けることは非常に難しいものです。

つい、手軽に取り入れられるおにぎりやパンで食事を済ませてしまうこともあることでしょう。

しかし、忙しさに負けない体を目指す上でもきちんと栄養は取っておきたいものですね。

毎日を快活に過ごしたい方々にとって強いサポーターとなってくれるのが青汁です。

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれており、日常で不足しがちな栄養素を手軽に補う上で非常に有用な飲料なのです。


本記事では、青汁に含まれる栄養素や効果、口コミなどについてお話しします。

本章を読むことで、栄養管理についてお悩みのあなたは青汁について理解し、健康的な体を目指していけることでしょう。

製品によって内容が違う?青汁に含まれる野菜の種類とは?

青汁に含まれる野菜の種類は製品によって異なり、一般的に下記の野菜がよく使われています。

  • ケール
  • 大麦若葉
  • 明日葉
  • モロヘイヤ
  • クロレラ
  • ニガウリ
  • 桑の葉
  • ヨモギ
  • ブロッコリー

上記の野菜には豊富なビタミンやミネラル、食物繊維が含まれていますが、内容によって栄養素が若干異なります。

例えば、明日葉にはカリウムやナトリウム、桑の葉には鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。

青汁を取り入れる場合、自分のニーズに合った内容の製品を選ぶと良いでしょう。

青汁が健康に良い理由とは?青汁に含まれる栄養素を紹介

青汁がさまざまな効果や効能があるとされる理由は、その豊富な栄養素にあります。

例えば、青汁には下記のような栄養素が含まれているのです。

健康をサポートする青汁成分1:強い体を作るビタミン類

ビタミン類は健康な皮膚の形成やウイルスに負けない体作りをサポートしてくれる、人間にとって欠かせない栄養素です。

青汁には一般的に下記のビタミン類が含まれています。

  • βカロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ビタミンE

健康をサポートする青汁成分2:不足しがちなミネラル類

ビタミンと同様に代謝に不可欠なミネラルは、精神状態を健全に保ったり丈夫な骨を形成したりする上で役立ちます。

製品によって若干の差はありますが、青汁には下記のミネラルが含まれています。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • 亜鉛

健康をサポートする青汁成分3:植物由来の抗酸化物質ポリフェノール

日中紫外線を浴び続けている植物は、活性酸素によるダメージから身を守るために強力な抗酸化物質であるポリフェノールを持っています。

青汁の原材料である野菜にはフラボノイド、クロロフィルなどのポリフェノールが含まれており、人体においても有害な活性酸素を除去する手助けをしてくれるのです。

健康をサポートする青汁成分4:抗酸化作用のあるSOD酵素

食べ物からしか取り入れることの出来ないビタミン類と違い、SOD酵素は体内で自力生成出来る抗酸化物質です。

ただし、加齢とともに生成出来る量も少なくなっていくため、<strong>意識的に取り入れる必要があるといえるでしょう。</strong>

健康をサポートする青汁成分5:腸内の健康をサポートする食物繊維

青汁には野菜由来の水溶性食物繊維がたっぷり含まれています。

上記は水に溶ける性質であるため腸内における不要物を吸収し、排出するための手助けをしてくれるのです。

watashinoモリンガラテ_バナー

性別問わず健康をサポート、青汁に期待出来る効果を紹介

青汁には男女問わず下記のような嬉しい健康効果が期待出来ます。

豊富なビタミンで抗酸化をサポート、美肌を目指したいときに

たるみやしわなどの老化における原因は活性酸素によるものとされています。

青汁には数種類のビタミンやポリフェノールが含まれているので、活性酸素を除去する上であらゆる方面から働きかけてくれるのです。

また、青汁に豊富に含まれるビタミンCには美肌に欠かせないコラーゲンの合成やメラニンの抑制をサポートする働きがあります。

ビタミンは疲れやストレスで消費されやすい栄養素でもあるため、意識的に取り入れることが美肌への近道となるでしょう。

食物繊維たっぷり、腸内環境から便秘に働きかけたいときに

青汁に含まれる水溶性食物繊維は、便秘改善を目指す上で心強いサポーターとなってくれます。

水溶性食物繊維は腸内の善玉菌を増やしたり、水分を取り込み便の硬化を防いだりする働きがあります。

青汁を通して毎日の食生活で不足しがちな食物繊維を補うことで、腸内環境の改善を目指せるでしょう。

ビタミンや食物繊維の作用、コレステロール低下を目指したいときに

青汁にはコレステロールへの働きかけがあるとされています。

上記の理由として、青汁に含まれるビタミンEや食物繊維の効能が挙げられます。

例えば、ビタミンEには細胞内の過酸化脂質に対する働きかけがあります。

ビタミンEは脂溶性であるため、同じく脂質である細胞外膜を通過することが出来、細胞内において抗酸化作用を発揮します。

ちなみに、過酸化脂質とはコレステロールが酸化したものを指します。

また、前述の水溶性食物繊維には腸内におけるコレステロールの吸収を抑制する働きがあるとされています。

上記により、青汁はコレステロールの低下を試みたいときに心強いサポートとなってくれることでしょう。

置き換えが有効?ダイエット成功につながる青汁の取り入れ方とは

豊富な栄養を含む青汁は使い方次第で置き換えダイエットにも有効です。

元々含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素にタンパク質が加わると、青汁の栄養価はぐんと上がります。

例えば牛乳や豆乳、ヨーグルトなどと混ぜることにより、青汁はより万能な栄養補給が出来るものとなるのです。

一日一食置き換えダイエットに上記を活用することは、健全にダイエットする上で非常に有効といえるでしょう。

実際に青汁を使った人の感想はどんなもの?口コミを検証!

さまざまな効果や効能がある青汁ですが、味や取り入れ方などについてどのようにすれば良いか分からない方は多いのではないでしょうか。

ここで実際に青汁を日常に取り入れている方々のコメントを紹介します。

飲み方を間違えると効果なし?青汁の効果的な飲み方とは

青汁に含まれる栄養素は誤った飲み方や頻度で取り入れると、体内に上手く吸収されなかったり目に見えた効果が期待出来なくなったりすることがあります。

青汁の栄養素は高温に弱い?熱湯で溶かすともったいない理由とは

青汁に含まれるビタミンCは高温に弱く、熱湯で青汁を溶かすと損なわれてしまいます。

ホットで飲みたい場合は、ビタミンCの働きが弱まる50度未満に加熱することをおすすめします。

青汁とカフェインは飲み合わせが悪い?注意すべきこととは

青汁に含まれる鉄分はカフェインと同時に取ると体内吸収率が低下します。

コーヒーやお茶などと一緒に摂取することは避けましょう。

青汁は時々飲むだけでは意味なし?効果を実感するには続けよう

青汁には豊富な栄養素が含まれていますが、健康効果に期待して摂取するのであれば日常的に取り入れることが必要です。

毎日の活動においてビタミンやミネラルは常に消費されているので、必要な栄養素を補給するためにも毎日続けていくことが大切なのです。

日常的に取り入れることが大切、偏りがちな栄養を補うことに最適な青汁

ここまで、青汁の栄養素や効果、効能などについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

栄養豊富で手軽に取り入れられる青汁は忙しく過ごす方々の栄養補給を上手くサポートしてくれるものです。

日々栄養のことで頭を抱えているのなら、青汁を試してみてはいかがでしょうか。

本記事を通して、栄養補給についてお悩みの方々が青汁に対する理解を深め、健康的な生活を目指していくお手伝いが出来ると幸いです。

watashinoモリンガラテ_バナー